名古屋で話題のHIFU治療

人気のプチ整形について

近年、日本でも整形手術が一般的になってきました。

整形手術には様々あり、常に美しくいたい、美しくなりたいといった女性の欲望を叶えてくれます。整形手術の代表的なものは、一重まぶたを二重まぶたにするものです。日本人は一重まぶたが多く、西洋人のようなパッチリとした二重まぶたが人気です。二重まぶたにする手術は一般的にプチ整形と言われており、日帰りで受けられ料金も比較的お手頃なものになっています。今やプチ整形は年齢を問わず多くの女性に人気があります。二重まぶたのプチ整形にはおおまかに2種類あります。埋没法と切開法です。埋没法とは皮膚にメスを入れず、特殊な糸を使ってまぶたを縫います。切開法よりリスクが少なく、料金も抑えられます。

また、二重の幅が気に入らなかったり、元に戻したい場合は縫い目を外すと元に戻すことができます。切開法は、皮膚にメスを入れて二重まぶたにします。埋没法より料金がかかり、ダウンタイムは長くなりますが、より持続性があり、皮膚が分厚い人でもキレイな二重まぶたが作れます。埋没法の料金は、安い所で1万円程度からあります。皮膚を止める糸が1箇所であれば料金は安くなりますが、持続性は落ちます。3箇所程度糸を止めれば半永久的に持続するといわれていますが、その場合は数十万円かかることもあります。皮膚が分厚い場合は、止める箇所が少なければ数年も持たないことも多々あります。切開法だと数十万円かかることが多いです。まぶたが元に戻るリスクがないですが、一度施術を受ければ元に戻せないため注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *