名古屋で話題のHIFU治療

目を大きくする美容整形

目を大きくする美容整形で、最も簡単なのは二重まぶたにする埋没法です。美容整形手術では、髪の毛より細い専用の糸を使います。まぶたの裏側から二重まぶたのヒダを作りたい線に合わせて2ヶ所留めます。時間か両目合わせて10程度です。

麻酔を使わずメスも一切用いません。術中の痛みだけでなく、術後の腫れも少ないです。美容整形の中でも安全性が高いことで知られています。留めているだけなので、仕上がりに不満があれば、元に戻すこともできます。

ダウンタイムの時間が取れない場合は、片目だけをまず手術して、腫れが引いたころにもう一方の目を手術すれば、片目に眼帯をして通勤できます。また離れている目が気になる人は、目頭切開で切れ長の目を作ります。大人の美しい目は、目と目の間と目の横幅の比率が1対1となる状態を指します。離れている目は可愛らしさはありますが、バランスとして理想的ではありません。

目頭切開では目を中央に寄せながら切れ長にする方法です。目頭から上まぶたにかぶっている蒙古ひだという皮膚を切開します。これによって目の横幅が広がるので、アイラインの幅が強調されて黒目が大きく見えます。術後は、目の周辺を避ければ、エステや自宅で顔のマッサージをしても問題はありません。

また抜糸した次の日からアイメイクをすることができます。内出血が気になる場合、ファンデーションやコンシーラーなどで隠せるので、職場の人に気づかれるリスクが減ります。名古屋でHIFU のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *