名古屋で話題のHIFU治療

美容整形で保険適用の場合

美容整形は、場合によっては保険が適用されることがあります。美容整形は一般的に、審美目的で自由診療ということが大半ですが、施術する施設や、しないと生活に支障をきたす場合などが適用されます。まず、ワキガの手術があります。ワキガの手術はいくつかありますが、皮弁法と呼ばれる手術に対しては保険が適用されることになります。

剥がした皮膚をひっくり返して、目で見ながらアポクリン腺をひとつずつ取り除いていく手術になります。次に、顎変形症と呼ばれる噛み合わせが悪い状態を治す手術で口腔外科で治療してもらうことになります。逆さまつげなどの症状がある場合には、目頭切開というものが保険が適用されます。でべそは、治療する施設によっては保険が適用されます。

プラセンタ注射は更年期障害や肝機能の治療の場合のみに保険が適用になります。次に、巻き爪は形成外科で保険適用で治療してもらうことができます。ケロイドや傷跡、やけどの跡なども形成外科で保険が適用されます。症状によってはほくろの除去も対応となります。

あざも種類によっては保険が適用されます。また、保険ではありませんが、レーシックも保険会社によってはお金が一部返還されることがあるので、加入している保険会社に問い合わせてみることがお勧めです。美容整形も、場合によって保険が対応したりするので、自分の症状が保険適用に当てはまるのかどうかは病院にいって相談するともしかしたら保険適用されるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *